ホームニュース・出版物ニュース2013> 欧州委員会、過剰赤字手続きにおける決定を採択

欧州委員会、過剰赤字手続きにおける決定を採択

EU News 261/2013

2013/05/29
MEMO/13/463
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

本日の決定の内容

欧州委員会は本日、欧州連合(EU)理事会がイタリア、ラトビア、ハンガリー、リトアニア、ルーマニアの5カ国を過剰赤字手続き(EDP)から除外することを勧告した。

欧州委員会はまた、理事会がマルタについてEDPを開始することを勧告した。

さらに、欧州委員会は、スペイン、フランス、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロヴェニアの6カ国において、過剰赤字の是正期限を延長することを目的とした理事会への勧告を採択した。

加えて、欧州委員会は、理事会がベルギーにおいて過剰赤字を食い止めるための効果的な施策が全くとられていないとする決定を下すとともに、その過剰赤字を是正するための措置を講じるようベルギーに通達することを、勧告した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_MEMO-13-463_en.htm?locale=en