ホームニュース・出版物ニュース2013> EUのイノベーション実績が向上、各国間の格差は拡大

EUのイノベーション実績が向上、各国間の格差は拡大

EU News 153/2013

2013/03/26
IP/13/270
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会の2013年イノベーション・ユニオン・スコアボード、すなわち欧州連合(EU)加盟国のイノベーションランキングの結果によると、経済危機が続いているにもかかわらず、EUにおけるイノベーション実績が前年に比べて改善している一方、加盟国間の格差は広がっている。最も革新的な国々において実績がさらに改善されたものの、他の国々での進捗が見られない。EU域内のランキングにはさほど変化がなく、最高位のスウェーデンに、ドイツ、デンマーク、フィンランドが追随している。エストニア、リトアニア、ラトビアが昨年から最も大きな伸びを示している。EUにおけるイノベーションの拡大を牽引するものには、秀逸な研究システムとともに、中小企業およびイノベーションの実用化が含まれる。しかし、2008年から2012年にかけての景気後退とベンチャーキャピタルの縮小が、イノベーションの実績に負の影響を与えている。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-270_en.htm?locale=en

Antonio Tajani & Maire Geoghegan-Quinn Date: 26/03/2013 Reference: P-022958/00-02 Location: Brussels - EC/Berlaymont (C)EU, 2013 URL