ホームニュース・出版物ニュース2013> 北朝鮮の核実験に対する国連安保理決議に関する声明

北朝鮮の核実験に対する国連安保理決議に関する声明

EU News 121/2013

2012年3月7日
ブリュッセル

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「2013年3月7日に国連安全保障理事会決議第2094号が全会一致で採択されたことを歓迎する。これは国際社会の結束と世界的核不拡散体制を維持しようとする決意の明確な表明である。同採択はまた、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対し、不拡散に関する関連決議が何度にもわたり違反されることを国際社会が看過しないというメッセージを明白にするものである。EUは国連および多極的規則・規範制度を協力に支持しており、同決議を支持し、それに含まれる措置を置き換える行動を迅速に取る予定である。

北朝鮮当局が既にさらなる挑発行為を取ると脅していることは遺憾である。北朝鮮当局に対し、事態を熟慮し、脅しではなく、国際社会と再び関与することを通じ、自国民の幸福を第一に考え、より建設的な道を選ぶよう再度呼びかけたい。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_Data/docs/pressdata/EN/foraff/135874.pdf