ホームニュース・出版物ニュース2013> 欧州議会、銀行の賞与に上限を課し、自己資本比率を強化

欧州議会、銀行の賞与に上限を課し、自己資本比率を強化

EU News 106/2013

2013/02/28
欧州議会

<日本語仮抄訳>

欧州議会と欧州連合(EU)理事会の交渉担当者は2月27日、銀行員の年間賞与は原則その年の年間給与を上限とし、銀行部門の安定強化のために各行はより多くの良質の自己資本を有すべき、との合意に達した。最大で年収の倍までの賞与を認める唯一の例外には、その銀行の株の半数を代表する株主の承認が必要となる。欧州議会側は当初より賞与と年収の比率は1対1であるべきと主張していた。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.europarl.europa.eu/news/en/pressroom/content/20130225IPR06048/html/MEPs-cap-bankers'-bonuses-and-step-up-bank-capital-requirements

File Image ©European Parliament/Pietro Naj-Oleari 2010, URL