ホームニュース・出版物ニュース2013> MEDIAプログラム支援作品『愛、アムール』と『シュガーマン 奇跡に愛された男』、アカデミー賞受賞

MEDIAプログラム支援作品『愛、アムール』と『シュガーマン 奇跡に愛された男』、アカデミー賞受賞

EU News 93/2013

2013/02/25
IP/13/155
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会のアンドゥルラ・バシリウ教育・文化・多言語主義・青少年担当委員は、昨日ハリウッドで開催された第85回アカデミー賞授賞式で、欧州連合(EU)の助成を受けた『愛、アムール』と『シュガーマン 奇跡に愛された男』がオスカーの栄誉に輝いたことにつき、両作品の製作者らを称えた。オーストリア人監督のミハイル・ハネケは、『愛、アムール』で人生の最期に向かう老夫婦を感動的に描き、最優秀外国語映画賞を獲得した。ロックギタリストのシクスト・ロドリゲスが1970年代半ばに忽然と姿を消し、労働者として働いているところを再発見される実話を描いた『シュガーマン 奇跡に愛された男』は最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞した。この2つの受賞作を含め、本年のアカデミー賞にはMEDIAプログラムの助成を受けた6作品が受賞候補に挙がっていた。MEDIAプログラムはEUの映画産業振興のため、これまでに200万ユーロの資金を投入している。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-155_en.htm?locale=en

Media Logo, URL