ホームニュース・出版物ニュース2013> 食品への馬肉混入問題: マルムストロム委員、調査がユーロポール主導で進んでいることを歓迎

食品への馬肉混入問題: マルムストロム委員、調査がユーロポール主導で進んでいることを歓迎

EU News 74/2013

2013/02/14
MEMO/13/103
ブリュッセル

<日本語仮訳>

馬肉混入事件の拡大により、欧州全体で対応する必要性が明らかになっている。本日行われる英国のオーエン・ピーターソン環境大臣とユーロポール(欧州警察刑事機構)の代表者との会合が、その方向に進む上で重要な意味を有しており、協力体制が整いつつあることを歓迎する。すでにユーロポールは、これまでに提出されたデータの捜査を行っているが、さらに協力を続ける意向を示している。したがって、関連する加盟国には、同機構が適切な分析を行うために必要なデータを提出することが求められる。ユーロポールは専門的な支援を提供するとともに、欧州連合(EU)の多くの加盟国と協調しながら捜査活動を進める。国境を越えた犯罪に対応するには、国境を越えた協力が不可欠である。ユーロポールが積極的に責任の特定に動いていることを、歓迎する。これが、消費者に偽りの情報を与え、域内市場における信頼を損なう結果を引き起した違法行為の犯人の特定につながることを、希望する。

原文こちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_MEMO-13-103_en.htm?locale=en

File Image: Horse. Date: 06/10/2011 Reference: P-019548/00-100 Location: Braine-l'Alleud ©EU, 2011, URL