ホームニュース・出版物ニュース2013> 欧州対外行動庁最高執行責任者来日

欧州対外行動庁最高執行責任者来日

EU News 47/2013

2013/02/05

来る2月12日(火)から14日(木)まで、欧州連合(EU)の外交機関であるEEAS 欧州対外行動庁のデイビッド・オサリバン最高執行責任者(COO)が来日します。オサリバン最高執行責任者は、昨年11月にEU理事会が、日本とEUとの自由貿易協定および政治的枠組み協定に向けた交渉を開始することを決定して以降来日する、最高位のEU高官です。

東京滞在中、オサリバン最高執行責任者は、主要な政治家および政府高官と会合し、上記協定交渉に向けた基礎作りを含め、日・EU関係についてまた地域情勢に関する意見交換を行います。また、2月12日(火)には政策研究大学院大学(GRIPS)フォーラムにて「東アジアにおけるEU外交の優先課題」について講演します。

講演は以下の要領にて開催されます。

日時: 2013年2月12日(火)16:40-17:40
会場: 政策研究大学院大学1F 想海樓ホール
            東京都港区六本木7-22-1
使用言語: 英語(日本語同時通訳付き)

講演会の問い合わせおよび参加登録先: Tel. 03-6439-6037、gripsforum@grips.ac.jp

 

デイビッド・オサリバン来日に関する問い合わせ先:

小関真理 Tel. 03-5422-6034 Mari.Koseki@eeas.europa.eu 
末常美和子 Tel. 03-5422-6035 / Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu 
デジタルメディア担当 ビセンテ・J・ルナ 
Tel. 03-5422-6038 / Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu