ホームニュース・出版物ニュース2013> 2013年の欧州委員会の人道援助の行き先

2013年の欧州委員会の人道援助の行き先

EU News 9/2013

2013/01/10
IP/13/15
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は、6億6,100万ユーロを超える2013年の人道援助資金の割り当て計画を採択した。それは全世界的な人道援助に関する決定と称されるもので、2013年の欧州委員会の人道援助実施戦略における資金面の柱となる。80近くの国と地域にある200を超すパートナー機関が運営する人道援助活動に、資金を提供する計画だ。

世界中の最も脆弱な状況にある人々が何を必要としているかを徹底的に評価した結果、5つの最大規模の人道援助活動を西アフリカのサヘル地域で行う。マリにおける紛争への対応の増強(8,200万ユーロ)、スーダンと南スーダン(8,000万ユーロ)、コンゴ民主共和国(5,400万ユーロ)、パキスタン(4,200万ユーロ)、ソマリア(4,000万ユーロ)への援助なども含まれている。これらの地域では、紛争もしくは食糧不足、またはその両方が発生した結果、危機が大規模かつ長期化している。地理的に最大の援助資金が向けられているのはサハラ以南地域であり、目標とされる3億4,450万ユーロは欧州委員会が予め計画していた人道支援の52%を占めることになる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-15_en.htm?locale=en