ホームニュース・出版物ニュース2012> EU理事会、銀行監督に関する見解で合意

EU理事会、銀行監督に関する見解で合意

EU News 642/2012

2012/12/13
欧州連合理事会
ブリュッセル
17739/12
PRESSE 528

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は本日(1)、信用機関の監督のための単一監督メカニズム(Single Supervisory Mechanism=SSM)の創設のための2つの提案に対する見解をまとめた。

今般の理事会の合意により、理事会議長国が欧州議会と交渉し、10月の欧州理事会の結論通りに年内の法案採択を目指すことが可能となる。

提案は2つの規則に関するものである。1つは欧州中央銀行に監督業務を与えるもので、もう一方は欧州銀行監督機構を設置した規則1093/2010を改正するものである。

(1) 本合意は、経済・財政理事会会合で得られた。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_Data/docs/pressdata/en/ecofin/134265.pdf