ホームニュース・出版物ニュース2012> 誠実な事業に再起の機会を: 欧州委員会、より時代にあった破産法を提案

誠実な事業に再起の機会を: 欧州委員会、より時代にあった破産法を提案

EU News 638/2012

2012/12/12
IP/12/1354
ストラスブール

<日本語仮抄訳>

経済危機の打撃を受けている事業者は、欧州委員会が本日行った、欧州における国境を越えた事業破産に関する現行法の近代化に関する提案により、命綱を得ることになる。同提案は、危機がなければ倒産することがなかった企業に再起のチャンスを与える一助となる。欧州委員会は、2000年に施行された現行の越境破産に関するルールの近代化を提案している。この10年間で得た経験を生かし、新しいルールは債権者の資金回収権を守りつつも、焦点を事業清算からはずし、企業が資金繰りに関する困難に対応できるようにするための新しいアプローチを開発する。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1354_en.htm?locale=en