ホームニュース・出版物ニュース2012> 欧州委員会、欧州における会社法と企業統治の近代化を提案

欧州委員会、欧州における会社法と企業統治の近代化を提案

EU News 637/2012

2012/12/12
IP/12/1340
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、会社法と企業統治に関する将来の取り組みの概要を示す行動計画を採択した。

欧州の会社法と企業統治は、企業の競争力と持続可能性の確保を目指すべきである。過去2年にわたる欧州委員会の分析と協議は、株主の長期的関与の促進と支援、企業と株主の間の透明性の向上および欧州における事業の国境を越える業務の簡略化を通じてさらなる改善が見込めることを明確に示している。

欧州委員会は、自身の検討と専門家との協議に基づき、会社法と企業統治について、持続可能で競争力のある企業のための現代的な法体系の構築の基礎となるいくつかの行動を明示した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1340_en.htm?locale=en