ホームニュース・出版物ニュース2012> エジプトとチュニジア:EU理事会、資産返還を促す決定

エジプトとチュニジア:EU理事会、資産返還を促す決定

EU News 592/2012

2012/11/26
欧州連合理事会
ブリュッセル
16078/12
PRESSE 469

<日本語仮抄訳>
欧州連合(EU)理事会は、本日、エジプトとチュニジアに関し、不正に蓄財された資金を各政府に返還することを促す措置を取った。

新たな法的枠組みの下、EU加盟国は、各国内で承認される司法決定に基づき、資産凍結を解除することが許可される。必要な司法措置が実施されれば、ムバラクおよびベンアリの両前政権に対するEU制裁の下で凍結されていた資金について、その凍結解除と返還が可能になる。さらに、同改正法により、不正に蓄財された資金の返還を促すべく、EU加盟国とチュニジアおよびエジプトの主管当局との情報交換が、円滑化する。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/133818.pdf