ホームニュース・出版物ニュース2012> 欧州議会選挙: EU市民、他の加盟国での立候補が容易に

欧州議会選挙: EU市民、他の加盟国での立候補が容易に

EU News 573/2012

2012/11/20
IP/12/1232
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

本日欧州議会が欧州委員会提案を票決した結果、2014年の欧州議会選挙において、他の加盟国に居住する欧州連合(EU)市民による立候補が、より簡単になる。本日の本会議において、同提案が圧倒的多数で可決された(賛成618票、反対23票、棄権14票)。同法案は、既存規則(指令93/109/EC)を改正することにより、EU市民が自国以外において欧州議会選挙に立候補するための手続きの簡便化を目指している。これは、欧州議会選挙への参加を促進するために、欧州委員会が実施している措置のひとつである。欧州議会による可決に続き、同法案は2012年末までに理事会により採択される見込みである。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1232_en.htm?locale=en

File Photo: EP President Martin Schulz addresses reporters at the Parliament © European Union 2012 - European Parliament, URL