ホームニュース・出版物ニュース2012> 欧州委員会、新たな「教育を考え直す」戦略を発表

欧州委員会、新たな「教育を考え直す」戦略を発表

EU News 574/2012

2012/11/20
IP/12/1233
ブリュッセル/ストラスブール

<日本語仮抄訳>

若年失業率は欧州連合(EU)域内において23%に迫る水準にある一方、同時に200万以上もの求人がある。欧州は、教育・訓練制度がいかに労働市場が必要としている技能を提供できるかについて、徹底的な再考を行う必要がある。広範囲に及ぶ緊縮策や教育予算の削減の最中にこのような再考を行うことは極めて厳しい。欧州委員会は本日、EU加盟国が若者に労働市場が求める技能や適性を身につけさせ、かつ加盟国自身の成長と雇用に関する目標を達成できるよう、早急な行動を取るよう促す「教育を考え直す(Rethinking Education)」と銘打った新たな戦略を打ち立てた。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1233_en.htm?locale=en