ホームニュース・出版物ニュース2012> デジタルアジェンダ: 官民のトップで構成されるEUのクラウドコンピューティングに関する委員会が始動

デジタルアジェンダ: 官民のトップで構成されるEUのクラウドコンピューティングに関する委員会が始動

EU News 570/2012

2012/11/19
IP/12/1225
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州クラウドコンピューティング・パートナーシップ(ECP)の運営委員会が、本日ブリュッセルにおいて初会合し、欧州クラウドコンピューティング戦略に応じた、欧州連合(EU)のデジタル単一市場を構築するための、官民合同の作業を起動させた。ECPが特に目標としているのは、公的部門の購買力をてこ入れすることにより、成長と成熟を続けるクラウドコンピューティングのサービス市場の発展を促進することである。エストニアのトーマス・ヘンドリック・イルベス大統領が委員長を務める同委員会は、ハイテク企業の最高経営責任者とIT調達の責任者である政府の代表者により構成されており、欧州委員会のクルース副委員長への戦略的助言を行う。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1225_en.htm?locale=en

Joint press conference by Toomas Hendrik Ilves, President of Estonia and Neelie Kroes, Vice President of the EC in charge of the Digital Agenda on the European Cloud Partnership. Toomas Hendrik Ilves, on the left, and Neelie Kroes Date: 19/11/2012 Reference: p-022150-00-02 Location: Brussels - Berlaymont © EU, 2012, URL