ホームニュース・出版物ニュース2012> 犯罪被害者のことを第一に考える: 被害者の権利に関する新規則を法制化

犯罪被害者のことを第一に考える: 被害者の権利に関する新規則を法制化

EU News 555/2012

2012/11/13
IP/12/1200
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)全体で毎年7,500万人存在するとみられる犯罪被害者の権利を、改善するための新たなEU法が、明日官報(EUの法令集)において公布される。この犯罪被害者の権利に関する指令は、9月12日に欧州議会において圧倒的多数で可決された後(MEMO/12/659)、10月4日にEU理事会(閣僚理事会)で採択された(IP/12/1066)。同指令は、EUのどこにおいても適用される、被害者の必要最低限の権利を規定している(IP/11/585を参照)。今後加盟国は、3年の内に同規定を国内法に置換することが求められる。

原文はこちらをご覧下さい〈英語〉。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1200_en.htm?locale=en