ホームニュース・出版物ニュース2012> 最近のガザとイスラエルの間の暴力の激化に関するアシュトンEU上級代表の声明

最近のガザとイスラエルの間の暴力の激化に関するアシュトンEU上級代表の声明

EU News 548/2012

2012/11/12
ブリュッセル
A 501/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「ガザとイスラエルの間で、最近暴力が激化していることを、深く懸念している。

イスラエルへのロケット弾や臼砲の発射を非難するとともに、双方に対し、現状の悪化を控えることを、呼びかける。これ以上の、慨嘆すべき人命の喪失や負傷は、回避すべきである。

エジプトによる仲介努力への支持を表明するとともに、中東に暴力の余地はないということを、再度指摘する。パレスチナとイスラエルの双方の人々の正当なる念願が二国家解決により叶えられるためには、交渉の再開のほかに道はない」

原文はこちらをご覧下さい〈英語〉。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/133437.pdf