ホームニュース・出版物ニュース2012> ユーロシステム、新ユーロ紙幣「エウロペ」シリーズを発行へ

ユーロシステム、新ユーロ紙幣「エウロペ」シリーズを発行へ

EU News 546/2012

2012/11/08
欧州中央銀行

<日本語仮抄訳>

ユーロシステムを構成する欧州中央銀行(ECB)およびユーロ導入各国の中央銀行は、ユーロ紙幣の第2集を導入する予定である。「エウロペ」シリーズと命名された同集は、ギリシャ神話に登場し、欧州大陸の名前の由来でもあるエウロペの肖像を各紙幣の透かし模様とホログラムに施している。これらの新しい紙幣は、2013年5月の5ユーロ紙幣を皮切りに、数年をかけて段階的に導入される。

「エウロペ」シリーズは、第1集の紙幣が10年以上前に導入されて以降の紙幣印刷技術の進化の恩恵を受けている。偽造防止策が強化され、新紙幣はさらに安全なものとなる。3つの新たな特徴、すなわち、肖像透かし模様、肖像ホログラムおよび「エメラルドナンバー」(紙幣を斜めにすると光の具合で数字がエメラルドグリーンから深い青に変色)が本日公開された。

新紙幣は進化の賜物である。第1集同様「時代と建築様式」をモチーフにし、各紙幣の色味も変わることはない。しかしながら、新しい偽造防止策を適用するため、修正が加えられている。第1集との識別は容易にできる。「エウロペ」シリーズは第1集と同じ単位(5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロおよび500ユーロ)で発行され、小額のものから導入が開始される。このため、新5ユーロ紙幣の次に導入されるのは新10ユーロ紙幣となる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.ecb.europa.eu/press/pr/date/2012/html/pr121108_1.en.html