ホームニュース・出版物ニュース2012> ウクライナの議会選挙に関するアシュトンEU上級代表とフィーレ欧州近隣政策担当委員の声明

ウクライナの議会選挙に関するアシュトンEU上級代表とフィーレ欧州近隣政策担当委員の声明

EU News 532/2012

2012/11/03
MEMO/12/828
ブリュッセル

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長とシュテファン・フィーレ拡大・欧州近隣政策担当委員は、日曜日に行われたウクライナの選挙に引き続き、開票と結果集計の実施を注視している。投票が終了してから5日が経過しているにもかかわらず、総合的な結果がまだ発表されないことに、懸念を強めている。

ウクライナ当局とあらゆる当事者に対して、票の集計を完了させ、最終結果の発表を即時に行うべく、必要な措置を取るよう要請する。選挙の結果は、有権者の真の意意思を反映するものでなければならない。不服は、ルールと定められた手続きに従って、迅速に処理されるべきである。

原文はこちらをご覧下さい〈英語〉。
http://europa.eu/rapid/press-release_MEMO-12-828_en.htm?locale=en