ホームニュース・出版物ニュース2012> 庇護要求者の受け入れ条件: 生活水準の向上と調和を図り、より効果的な虐待防止規則を整備

庇護要求者の受け入れ条件: 生活水準の向上と調和を図り、より効果的な虐待防止規則を整備

EU News 514/2012

2012/10/25
欧州連合理事会
ルクセンブルク
14556/12
PRESSE 415

欧州連合(EU)理事会は本日、庇護要求者の受け入れに関する基準を規定する指令に関する政治的合意を採択した(改定) (14112/1/12)。 この政治合意は、欧州議会との交渉の結果を全面的に反映したものである。正式に採択された時点で、加盟国は、この新たな規定を2年以内に国内法に置換しなければならない。デンマーク、アイルランドおよび英国はこの指令に拘束されない。

この指令改正により、国際的保護を求める人々に、その申請がどのEU加盟国で行われたにかかわらず、EU全域において、より良いかつより調和された生活水準が提供されることになる。特に重要であるのは、留置に関する新規則と、(同伴者のいない)未成年者を含む脆弱な人々のための基準の改善である。加盟国は、自らの意向により、さらに良好な規則を規定することができる。

原文はこちらをご覧下さい(英語):
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/jha/133193.pdf