ホームニュース・出版物ニュース2012> アシュトンEU上級代表・欧州委員会副委員長、中東を訪問

アシュトンEU上級代表・欧州委員会副委員長、中東を訪問

EU News 502/2012

2012/10/22
IP/12/1132
ブリュッセル

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、本日、5日間の中東訪問の最初の訪問地であるヨルダンに滞在している。アシュトン上級代表は、10月22日(月)にアンマンにおいてアブドッラー二世国王およびジュデ外相と会談する。また、ザータリ難民キャンプを訪れ、シリアの危機から逃れた難民に会う予定である。

23日(火)にはベイルートでレバノンの指導者と会合する。24日(水)は、エルサレムにおいてイスラエルのペレス大統領、ネタニヤフ首相、リーベルマン外相、バラック国防相と会合、その後パレスチナのファイヤード首相と会う予定である。アッバス議長とは25日(木)に会合する。

中東訪問前夜、アシュトン上級代表は、「今、中東地域は極めて重要な時期にある。EUと同地域のパートナー諸国との協力は、現在、我々が直面している政治的、戦略的、人道的課題の対応を促す上で、不可欠だ。今回の中東訪問の目的は、その協力をできるかぎり効果的に前進させることにある」と、述べた。

原文はこちらをご覧下さい〈英語〉。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1132_en.htm?locale=en

Abdullah II, King of Jordan, on the right, and Catherine Ashton Date: 22/10/2012 Reference: p-021999-00-02 Location: Amman © 2012 EU, URL