ホームニュース・出版物ニュース2012> 欧州委員会、アフリカの角への緊急援助によりレジリエンス(災害対応能力)の強化を図る

欧州委員会、アフリカの角への緊急援助によりレジリエンス(災害対応能力)の強化を図る

EU News 481/82012

2012/10/11
IP/12/1092
ブリュッセル

<日本語仮訳>

欧州委員会は、人道支援を緊急に必要としているソマリアやエジプトの人々を助けるために、アフリカの角に対する援助を3,000万ユーロ増額する。その主たる目的は、救命に直結する活動の支援であり、その資金の大部分が脆弱な地域が将来の災害に耐えうるよう、対応能力の強化に傾注される。

この新規の援助金の出処は、欧州委員会の緊急援助準備(EAR)であり、本年の同地域に対する欧州委員会の人道支援貢献総額は1億6,200万ユーロとなる。

昨年、ソマリアの一部について国連が1992年以来の飢饉を宣言し、深刻な人道的危機に陥っていたが、降雨の増加と継続的な人道支援により、アフリカの角全域における食糧の安全保障が改善した。

しかし、ソマリアでは200万を越す人々が依然として食糧不足に直面しており、人道援助に依存している。エチオピアにおいては、人道援助を必要とする人々の数が、年初より16%増加、10万人以上が先日の洪水により被災している。

さらに、エチオピアは近隣諸国からの36万8,000人に及ぶ難民を抱えており、ソマリアでは130万人以上が国内での避難を余儀なくされている。

「継続的な人道支援と天候の改善のおかげで、同地域の状況は改善したが、アフリカの角では900万を越す人々が、今もなお食糧と避難所と水に加え、保護を必要としている。同地域には150万以上の避難民と120万人の難民が存在している。

我々の主要な目標は、脆弱な人々が生存できるように援助することであるが、不可避である次の災害が発生した時のために、その人達の災害耐性を強化し、備えを整える援助も行うことが、最善である」と、欧州委員会のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ人道援助、市民保護、危機対応担当委員は述べている。

アフリカの角が抱える慢性的問題(旱ばつリスク、不安定な情勢、衝撃への対応力に欠ける地域社会、不確実な生計など)への長期的解決を促すべく、新たな資金は、地域社会と、紛争や飢餓のために避難している人々に的を定める。

資金は、欧州連合(EU)のSHARE(アフリカの角の対応能力のための支援)戦略を通して提供される。SHAREは、本年1月に始動して以来、EUによる同地域への支援にとって、主要な手段のひとつとなっている。

SHAREは、長期的開発能力を有する人道資産をプールし、それを食糧危機の根本的原因を除去するために活用することにより、その再発防止を目指す。

今回の新たな資金提供は、アフリカの角において人々が毎日直面している辛苦を迅速に取り除く作業の一助となる。

その支援は、最も支援を必要としている人々に的を当て、国連機関、NGOなど欧州委員会の人道支援パートナーを通して、提供される。

 

背景

昨年、アフリカの角を襲った旱ばつは過去60年間で最も深刻なもののひとつであった。それは大規模な人道上の危機をもたらし、ケニア、エチオピア、ジブチ、ソマリアに住む1,300万を越す人々に影響を与えた。

欧州連合(欧州委員会と加盟国)は世界最大規模の援助をアフリカの角に提供しているが、同地域における人道危機への対応は速く、2011年の初めから8億700万ユーロに相当する援助を行っている。また同年、欧州委員会だけでも、1億8,100万ユーロを援助し、650万人を救済した。

アフリカの角を襲う旱ばつは、年々深刻化するとともに、頻度も増えている。同時に、人口増加、資源のひっ迫、不安定な情勢、長引く地政学上の混乱のために、この極めて貧しい国々にとり、旱ばつ被害への対応と復興がより一層困難になっている。

この地域において、長期的な食糧の安全保障を促進し、人々が将来の旱ばつに対応する能力を強化するために、本年欧州委員会はSHAREを起動させた。それは、連続性のある深刻な緊急事態に直面した時の、市民、地域社会、国の対応能力を強化するために、人道と開発の両面からの援助を共同で行うための制度である。

2億7,000万ユーロを超す支援パッケージを擁するSHAREは、小児の深刻な栄養失調の治療、天然資源、家畜衛生、貿易などの管理の向上、農業(営農の改善と適応、小規模灌漑)、代替所得を創出する活動、基本的なサービス(水、衛生)など、多様なプロジェクトに資金を拠出している。

10月3日、アンドリス・ピエバルグス開発担当委員と、ゲオルギエヴァ人道援助・国際協力・危機対応担当委員は、世界中の脆弱な地域において、将来の危機への対応能力を強化するために、新たな施策を提案した。「災害対応能力を強化するためのEUの手法 - 食糧安全保障の危機の教訓」と題するコミュニケーションにおいて、脆弱な地域に住む人々が将来危機に直面した時、その影響を軽減することができるように、EUが実施する支援措置を概説している。

 

より詳細な情報は以下をご覧下さい。

欧州委員会人道援助・市民保護 
http://ec.europa.eu/echo/index_en.htm

ゲオルギエヴァ委員のウェブサイト 
http://ec.europa.eu/commission_2010-2014/georgieva/index_en.htm

アフリカの角の概要 
http://ec.europa.eu/echo/files/aid/countries/factsheets/hoa_en.pdf

SHAREに関するウェブサイト 
http://ec.europa.eu/echo/policies/resilience/share_en.htm

災害対応能力(レジリエンス)に関するウェブサイト 
http://ec.europa.eu/echo/policies/resilience/resilience_en.htm

コミュニケーション文書「災害対応能力を強化するためのEUの手法 - 食糧安全保障の危機の教訓」 
http://ec.europa.eu/europeaid/what/food-security/documents/20121003-comm_en.pdf

 

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1092_en.htm