ホームニュース・出版物ニュース2012> 国連事務総長によるロマーノ・プロディ氏のサヘル担当特使任命に関するアシュトンEU上級代表報道官の声明

国連事務総長によるロマーノ・プロディ氏のサヘル担当特使任命に関するアシュトンEU上級代表報道官の声明

EU News 479/2012

2012/10/10
ブリュッセル
A 451/12

<日本語仮訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した

「アシュトン上級代表は、国連事務総長がロマーノ・プロディ氏をサヘル地域担当特使に任命する決定を行ったことを心から歓迎する。

プロディ氏は、欧州委員会委員長を務めた時期を含め、欧州やその他の地域における民主主義と平和を支える決意を示してきた。同氏の国際協力を支持する取り組みは、とりわけアフリカにおいて認められている。

サヘル地域において政治的、人道的また治安上の状況が悪化をたどる中、マリおよびサヘルにおける複合的危機の根本原因の解決に向けた国および地域の取り組みを支えるべく、早急に国際的な調整と関与を高めることが必要である。

EUは、国連の価値と決議に則り、サヘル地域における安全保障と開発に関する包括的戦略を、新たな任務に就いたプロディ氏と緊密に連携しながら、引き続き実行していく」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
 http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_Data/docs/pressdata/EN/foraff/132785.pdf