ホームニュース・出版物ニュース2012> デジタル計画: 主要銀行、通信会社、中央・地方政府が全EUを対象としたサイバー攻撃訓練に参加

デジタル計画: 主要銀行、通信会社、中央・地方政府が全EUを対象としたサイバー攻撃訓練に参加

EU News 465/2012

2012/10/04
ブリュッセル
IP/12/1062

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)中の何百人ものサイバーセキュリティー専門家は本日、全欧州で行われているサイバー攻撃のシミュレーションに参加し、自らの対応能力を試している。サイバー・ヨーロッパ2012では、欧州中の主要金融機関、通信会社、インターネットプロバイダーおよび中央・地方政府が、分散サービス妨害(Distributed Denial of Service=DDoS)攻撃のシミュレーションとして1,200以上のサイバー案件(30,000通以上のメールを含む)に直面している。この訓練を通じて、公的機関のウェブサイトや欧州の主要銀行のシステムが長期間にわたり攻撃にさらされた場合、彼らがどのように対応し、協力するかを試している。実際にこのような攻撃を受けた場合、欧州中の何百万もの市民や企業に著しい混乱をきたし、EU経済に何百万ユーロもの被害を与えるであろう。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/1062&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en