ホームニュース・出版物ニュース2012> 日本の新しいエネルギーミックスに関する国際会議 10月6日、京都にて開催

日本の新しいエネルギーミックスに関する国際会議     106日、京都にて開催

EU News 456/2012

2012/10/03

来る10月6日、駐日欧州連合(EU)代表部、EU加盟国大使館および政策研究大学院大学(GRIPS)の共催で、福島の原発事故後の日本の新しいエネルギーミックスに関して議論する「日EU科学政策フォーラム」が、京都で開催されます。

「日本の新しいエネルギーミックス―信頼できる政策構築に向けて」と題した同国際会議では、欧州および日本の専門家が会し、独立機関や科学的知見が、新しいエネルギーミックスへの転換を実現するための、法的、また経済面、環境面といった数々のプロセスにおいていかに活かすことが出来るのかについて考察します。

同会議には、ジュヌヴィエーヴ・フィオラゾ・フランス高等教育・研究大臣、鈴木寛元文部科学副大臣、黒川清国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)委員長、北澤宏一福島原発事故検証委員会(民間事故調)委員長、アントニオ・コレイア・デ・カンポス欧州議会科学技術選択評価委員会(STOA)委員長、相澤益男総合科学技術会議議員などが参加します。

同会議は、福島第一原子力発電所の事故後の市民の信頼醸成、同事故の教訓をいかに新しいエネルギーミックスの構築に活かせるかについての専門家の議論を聞くことのできる、またとない機会となりましょう。参加者はまた、科学技術に関する市民の理解をいかに高められるか、また、政策決定者に科学的助言を効果的に提供する方法に関しても議論します。

フォーラムは、以下の要領で開催されます。
 日時: 2012年10月6日(土)13:00~17:15
 場所: グランドプリンスホテル京都 (京都市左京区宝ヶ池)
 使用言語: 英語・日本語(同時通訳付き)

参加希望者は、氏名、所属、Eメールアドレスを明記の上、お申し込みください。申し込み先:delegation-Japan-st@eeas.europa.eu

報道関係者の参加も歓迎します。

問い合わせ先:
 小関真理 Tel: 03-5422-6034  /  Mari.Koseki@eeas.europa.eu
 末常美和子  Tel: 03-5422-6035 /  Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu

デジタルメディア担当 
 ビセンテ・J・ルナ Tel: 03-5422-6038 /  Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu