ホームニュース・出版物ニュース2012> イラクにおける爆弾攻撃に関するアシュトンEU上級代表の報道官の声明

イラクにおける爆弾攻撃に関するアシュトンEU上級代表の報道官の声明

EU News 408/2012

2012/09/10
ブリュッセル
A 395/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「上級代表は、昨日イラク各地において攻撃が相次ぎ、数十人もの罪のない市民が命を落とし、数多くの負傷者が出たことについて、強い非難を表明している。また、イラクにおいて安定と繁栄を達成するための努力を頓挫させることを狙い、今も暴力が続いていることに愕然としている。犠牲者の遺族の皆さまに心底よりの弔意を表するとともに、負傷された人々の早期回復を祈念している」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/132294.pdf