ホームニュース・出版物ニュース2012> アシュトンEU上級代表とブラヒミ特使との電話会談に関する声明

アシュトンEU上級代表とブラヒミ特使との電話会談に関する声明

EU News 403/2012

2012/09/05
ブリュッセル
A 394/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「上級代表は、国連・アラブ連盟合同特使に新たに任命されたラクダル・ブラヒミ氏と昨日会談し、シリアにおける極めて困難な状況について協議し、暴力の抑制が最優先課題であると話し合った。

アシュトン上級代表は、同氏の困難きわまる任務をEUが全面的に支援することを確約した。また、この危機に対する平和裏な政治的解決を見出すという重要な任務を果たす同氏およびそのチームへ、個人的な強い取り組みを約束するとともに、EUとしての協力を確実に行うとした。人道上の問題がEUの最優先課題であることに変わりはない。

ブラヒミ特使の任務遂行には、国際社会がより協調し、結束した外交的行動をとることが不可欠だ。EUは、国連安保理構成諸国とあらゆる関係者に対し、同氏が必要とする支援を提供するよう要請するとともに、今後も国連およびアラブ連盟と緊密に連携する意向である」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/132271.pdf