ホームニュース・出版物ニュース2012> デジタルアジェンダ:欧州委員会、無線周波数の共用により無線通信のイノベーション促進に乗り出す

デジタルアジェンダ:欧州委員会、無線周波数の共用により無線通信のイノベーション促進に乗り出す

EU News 397/2012

2012/09/03
IP/12/929
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>
欧州委員会は、本日、ブロードバンドなどの無線技術による周波数の共用を可能にすることにより、移動および無線データ通信の激増に対応する計画を発表した。

新技術により、インターネット・プロバイダなど複数の利用者が無線周波数を共有すること、あるいは、テレビ周波数の間で空いている周波数を他の目的に理由することなどが可能になる。各国の周波数規制は、こうした新しい技術的可能性を反映していないことが多く、移動通信やブロードバンドの利用者が需要の拡大に伴い、十分なサービスが受けられない危険があるとともに、そのような通信市場における投資のための単一市場の形成を阻む結果となっている。

欧州全体が周波数共用に向けた協調策を進めることは、通信ネットワークの容量の増大、無線ブロードバンドの低廉化、特定の周波数の割り当てに関する二次取引などの新たな市場の形成につながる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/929&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en