ホームニュース・出版物ニュース2012> ガンビアにおける死刑執行を受けたアシュトンEU上級代表の声明

ガンビアにおける死刑執行を受けたアシュトンEU上級代表の声明

EU News 389/2012

2012/08/26
ブリュッセル
A 379/12

<日本語仮訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「9月中旬までにすべての死刑囚に対し刑を執行するというヤヤ・ジャメ大統領の意向を受け、2012年8月23日(木)に行われたと報道されている死刑執行を強く非難する。

刑の執行の即刻停止を要求する。

ガンビア政府の国際的約束および、EUと同国の関係を司るコトヌー協定に含まれる人権の尊重に関する約束を思い起こす。

今般の死刑執行を受け、EUは早急に適切な対応を検討する」


原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/
docs/pressdata/EN/foraff/132220.pdf