ホームニュース・出版物ニュース2012> 欧州企業、危機にもかかわらず研究開発支出を増やす見通し

欧州企業、危機にもかかわらず研究開発支出を増やす見通し

EU News 386/2012

2012/08/20
ブリュッセル
IP/12/905

<日本語仮抄訳>

研究開発(R&D)に最も積極的に投資している欧州企業のいくつかを対象にした欧州委員会の調査によると、欧州連合(EU)の主要企業は2012年から14年までの間にR&D投資を平均で年4%増やす見通しである。この数字は、現下の経済的困難にもかかわらず、これらの企業がR&Dをどれほど将来的成長と繁栄のための主要因として位置づけているかを示している。投資対象の筆頭は平均で毎年11%のR&D投資増を見込むソフトウェアおよびコンピュータ・サービス部門である。調査の対象となった企業にとって自社R&Dはイノベーションを促す最も重要な要素であり、新商品導入のための市場調査および関連活動がそれに続いている。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/905&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

Image Source: JRC, URL