ホームニュース・出版物ニュース2012> イスラエルに関するイラン指導者の発言を受けたアシュトンEU上級代表の報道官の声明

イスラエルに関するイラン指導者の発言を受けたアシュトンEU上級代表の報道官の声明

EU News 384/2012

2012/08/19
ブリュッセル
A 373/12

 

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「上級代表は、イラン・イスラム共和国の最高指導者および大統領による、イスラエルの存在を脅かす非道で憎しみに満ちた発言を強く非難する。イスラエルの存在権は異議を唱えられるべきでない。

上級代表はイランに対し、地域において建設的な役割を果たすよう求め、同国の指導者には緊張の増幅ではなく、その緩和に貢献することを期待する」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/132195.pdf