ホームニュース・出版物ニュース2012> ラクダル・ブラヒミ氏のシリア問題国連・アラブ連盟合同特別代表任命を受けたアシュトンEU上級代表の声明

ラクダル・ブラヒミ氏のシリア問題国連・アラブ連盟合同特別代表任命を受けたアシュトンEU上級代表の声明

EU News 383/2012

2012/08/18
ブリュッセル
A 372/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「ラクダル・ブラヒミ氏がシリア問題に関する国連・アラブ連盟合同特別代表に任命されたことを歓迎したい。

ブラヒミ氏は同地域について深い理解を有する経験豊かな外交官である。シリア危機の平和裏の解決を模索する国連とアラブ連盟の作業を続けるにはうってつけの人物である。この非常に困難な任務に向けて、EUは同氏を全面的に支持する用意がある。

どのような政治的プロセスであれ、それが機能するには、国連安全保障理事会の完全なる支持と、すべての当事者の、再び外交に機会を与えるとの合意が前提となる。私は国際社会、そして特に国連安保理に対し、合同特別代表への強力かつ統一された支持を要請したい。

どの当事者であれ、紛争のさらなる武装化はシリア、その国民および地域全体により辛い苦しみをもたらすだけである。

EUはなお、シリアの人々の民主化に対する熱望に応えうる、同国民主導の政治体制の移行を追求し続ける」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/132194.pdf