ホームニュース・出版物ニュース2012> ギリシャ: 欧州委員会、ECBおよびIMFの声明

ギリシャ: 欧州委員会、ECBおよびIMFの声明

EU News 373/2012

2012/8/5
ブリュッセル
MEMO/12/618

<日本語仮訳>

欧州委員会(EC)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)の合同調査チームは、同3機関が支援する経済調整プログラムの目的に合致すべく、成長と競争力の回復、持続可能な財政状態の確保および金融システムにおける信頼の補強に必要な経済政策について、ギリシャの新政権と協議するための同国への訪問を終えた。同プログラムの実施に関する協議は生産的であり、その目的を達成するためには政策努力の強化が必要であることについて、総体的合意に達した。ギリシャ政府は、これからの1カ月にわたり政策努力を断行する姿勢を示している。EC・ECB・IMFの合同チームは9月初旬にアテネを再訪し、協議を続行する予定た。

原文はこちらをご覧下さい(英語):
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=MEMO/12/618&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en