ホームニュース・出版物ニュース2012> ピエバルグス欧州委員、2015年以降の開発課題に関するハイレベル委員会のメンバーに指名

ピエバルグス欧州委員、2015年以降の開発課題に関するハイレベル委員会のメンバーに指名

EU News 367/2012

2012/07/31
ブリュッセル
IP/12/875

<日本語仮抄訳>

潘基文国連事務総長は本日、欧州委員会のアンドリス・ピエバルグス開発担当委員を現在のミレニアム開発目標(MDGs)を引き継ぐ2015年以降の検討課題を議論するハイレベル委員会の一員に指名したことを発表した。同委員会は英国のデービッド・キャメロン首相、リベリアのエレン・サーリーフ・ジョンソン大統領およびインドネシアのスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領が共同委員長を務める。26名で構成されるこの諮問委員会には、国連機関、各国政府、民間企業および市民社会の代表が含まれる。同委員会は、新たに生じた地球規模の課題を考慮し、ミレニアム開発目標の実施において得られた経験を反映しながら、世界の開発における検討課題について助言を行う。

原文はこちらをご覧下さい(英語):
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/875&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en