ホームニュース・出版物ニュース2012> アフリカの角: 欧州委員会の新規支援により災害対策を強化

アフリカの角: 欧州委員会の新規支援により災害対策を強化

EU News 364/2012

2012/07/31
ブリュッセル
IP/12/864

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は、アフリカの角(アフリカ北東部)の国々が2011年の破壊的な旱ばつから回復し、慢性的問題を克服し、開発を軌道に乗せるための支援をするという約束を実行に移しつつある。本日、欧州委員会は同地域の人道援助に2,200万ユーロを追加する。この新たに提供される資金は、少なくとも100万人のケニア人とソマリア人が将来の災害への備えを強化するために使われる。

この新たな資金の追加で、食糧不足の緊急事態発生から欧州委員会が同地域に提供している人道援助の総額が3億3,500万ユーロとなる。昨年7月、事態があまりに深刻化したため、国連はソマリアの一部における飢饉を宣言した。今は、まとまった降雨と人道援助機関の献身的な活動のおかげで、状況は緩和された。しかしながら、依然として食糧不足、人々の避難、不安定な状況は続いている。

原文はこちらをご覧ください(英語):
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/864&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en