ホームニュース・出版物ニュース2012> ゲオルギエヴァ欧州委員、日本での体験を俳句に詠む

ゲオルギエヴァ欧州委員、日本での体験を俳句に詠む

EU News 359/2012

2012/07/26

欧州委員会のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ国際協力・人道援助・危機対応担当委員は、7月25日、ブリュッセルの欧州連合(EU)日本政府代表部の塩尻孝二郎大使臨席の下、同代表部に設置してある「俳句ポスト」に、2句を投じました。

ゲオルギエヴァ委員は、2011年3月、東日本大震災後間もなく、津波の被害を受けた地域を訪れ、被災者を見舞ったほか、今月初旬には、「世界防災閣僚会議 in 東北」に参加するため仙台市を訪れました。同委員が詠んだ句は、日本訪問印象を俳句で表現したものです。

委員の句は以下のとおり(駐日EU代表部訳):

When I came in Spring (春に訪れたとき)

The land was in great turmoil (この地は大混乱の中にあった)

Together we heal (共に立ち直る)

MetJapan's heroes (日本の英雄たちに会った)

Saw fortitude and courage (不屈の精神と勇気を目の当たりにし)

Has inspired my life (人生に力をもらった)

「俳句ポスト」は本年4月、日本国外では初めてEU日本政府代表部に設置されました。設置記念式典にあたっては、ヘルマン・ヴァンロンプイ欧州理事会常任議長が作品を投じました。

Kojiro Shiojiri, on the left, and Kristalina Georgieva Date: 25/07/2012 Reference: p-021352-00-14 Location: Brussels, (C)EU, 2012, URL