ホームニュース・出版物ニュース2012> キプロスのフリストフィアス大統領、EU理事会議長国の優先課題を提示

キプロスのフリストフィアス大統領、EU理事会議長国の優先課題を提示

EU News 310/2012

2012/07/04

<日本語仮抄訳>

キプロス共和国のディミトリス・フリストフィアス大統領は本日、ストラスブールで開かれた欧州議会本会議にて、7月1日から欧州連合(EU)理事会議長国に就任したキプロスの優先課題を提示した。同国がEU理事会議長国を務めるのは今回が初めてである。

フリストフィアス大統領は、議長国キプロスが、社会的結束、繁栄、安全と成長をもたらし、欧州市民にとってより多くの目に見える利益をもたらす「よりよい欧州」の実現に寄与すべく、全力を傾注して取り組むことを明確にした。これは、議長国キプロスの今期の一般的な政治目標である。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.cy2012.eu/index.php/en/news/press-release---president-christofias-presented-the-priorities-of-the-cyprus-eu-presidency