ホームニュース・出版物ニュース2012> シリア情勢に関する連絡調整グループ会合を受けたアシュトンEU上級代表の声明

シリア情勢に関する連絡調整グループ会合を受けたアシュトンEU上級代表の声明

EU News 303/2012

2012/06/30
ブリュッセル
A302/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、次の声明を発表した。

「本日ジュネーブで開かれたシリア情勢に関する連絡調整グループの会合の結果を歓迎する。我々は、国際社会におけるパートナーと共に、シリアの深刻な現状について話し合い、コフィ・アナン国連・アラブ連盟特使とその6項目からなる計画、ならびに国連シリア監視団(UNSMIS)に対する全面的な支持を再確認した。

本日達成された合意は具体的な行動を提示しており、これが、シリアでの暴力の停止、そして、国民主導型の政治プロセスの開始につながることを期待している」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/131443.pdf