ホームニュース・出版物ニュース2012> 合併:欧州委員会、台湾の電子企業鴻海グループによる、液晶パネルを製造するシャープディスプレイプロダクトの支配的利権の取得を承認

合併:欧州委員会、台湾の電子企業鴻海グループによる、液晶パネルを製造するシャープディスプレイプロダクトの支配的利権の取得を承認

EU News 287/2012

2012/06/25
IP/12/684
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、EU合併規則にのっとり、日本のシャープ株式会社と台湾の鴻海による、日本の液晶パネルメーカー、シャープディスプレイプロダクト(SDP)を共同運営するための買収提案を承認した。現在SDPはシャープが単独で運営している。欧州委員会は、同企業の市場占有率があまり大きくなく、提携後も十分な競争に晒される状況に変わりはないと判断した。

欧州委員会は提案されている利権取得がすなわち、OEM(相手先ブランド製造)への電子組み立てサービスおよび、液晶テレビパネルの供給市場競争に及ぼす与える影響について調査した。

欧州委員会は、電子機器受託製造サービス提供市場における鴻海とシャープの活動重複範囲は最小限にとどまると判断した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/684&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en