ホームニュース・出版物ニュース2012> 経済・財政政策に対する国別勧告

経済・財政政策に対する国別勧告

EU News 277/2012

2012/06/22
欧州連合理事会
ルクセンブルク
11650/12
PRESSE 280

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は本日(1)、今年の欧州半期(European Semester)の下、EU加盟全27カ国に対し、個々の改革計画で示された経済政策に対する勧告案および各国が安定・収れん計画で提示した財政政策に対する意見案を承認した。

理事会はまた、ユーロ圏を構成する加盟国全体の経済政策に対する具体的な勧告案をも承認した。

欧州理事会は3月、金融安定、財政再建および成長を促す行動を確保すべく、本年の欧州半期の優先項目を支持した。同理事会は、成長重視の各国ごとの財政再建の追求、通常の資金貸出条件の復活、成長と競争力の促進、失業や危機の社会的影響への対策、および行政の近代化といった政策の必要性を強調した。

(1) 経済・金融理事会会合にて行なわれた

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ecofin/131135.pdf