ホームニュース・出版物ニュース2012> アフガニスタン法務大臣の女性に関する発言を拒絶するアシュトンEU上級代表報道官の声明

アフガニスタン法務大臣の女性に関する発言を拒絶するアシュトンEU上級代表報道官の声明

EU News 270/2012

2012/06/20
ブリュッセル
A 283/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「アシュトン上級代表はアフガニスタンのガーリブ法相によるものされている発言に、大変困惑している。その発言は、安全な避難場所の確保を含む、同国における女性に対する暴力を撲滅するための努力を妨げるものである。

アフガニスタンにおいて、あまりにも多くの女性が暴力の犠牲となっている。女性差別、性的虐待などが繰り返されるケースも少なくない。避難所に逃げ込まざるを得なくなった女性は、我々の知る限り最も勇敢な人たちである。犠牲になり続けることを拒否し、自身と子どもたちの安全を確保するために、行動したのである。そのような女性たちにこそ、国際社会およびアフガニスタン政府による支援が供与されるべきである。

上級代表は、女性に対する暴力の撲滅に関する新法の成果に期待している。この法律が適切に実施されれば、女性を暴力から守るのみならず、被害者の安全を確保することが可能となる」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/131088.pdf