ホームニュース・出版物ニュース2012> ニコリッチ・セルビア大統領との会談後のアシュトンEU上級代表の声明

ニコリッチ・セルビア大統領との会談後のアシュトンEU上級代表の声明

EU News 254/2012

2012/06/14
ブリュッセル
A 273/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「本日、新たに選出されたセルビアのトミスラブ・ニコリッチ大統領と会談した。EUとセルビアの関係について協議する初めての機会であり、よい話し合いができたと喜んでいる。これを皮切りに数多くの会合を持つことになるだろう。

私の方からは、ニコリッチ大統領がEUを志向する路線を継続することを期待するとともに、EU全体がセルビアの努力を支援していくとのメッセージを伝えた。また、前進するために取り組まなくてはならない数多くの課題があることを強調した。

その中で、同大統領が、EUの仲介によるプリスチナとの対話においてこれまでに達成した合意のすべてを、全面的に実施すると公約したことを、心強く思う。そして、政府が成立するや否や、そして機会の窓が開かれている間に、このプロセスを推し進め、難題に取り組む体制を整える必要があることを強調した。さらに、EULEX(EU法の支配ミッション)への全面的協力かつその自由な移動が最重要課題であるとする、長きにわたるEUの立場を再度示した。

最後に、地域の協力と和解の重要性を強調するとともに、セルビアがその地域全体の安定と進展に寄与し続けるとの意思を聞いて、意を強くした。それはEUの基本原則であるとともに、私は今の世界において過去の論調が通用する場所はないと考えている」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/130990.pdf