ホームニュース・出版物ニュース2012> ロシアにおける集会の自由に関するアシュトンEU上級代表報道官の声明

ロシアにおける集会の自由に関するアシュトンEU上級代表報道官の声明

EU News 251/2012

2012/06/12
ブリュッセル
A 263/12

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「アシュトン上級代表は、最近ロシアにおいて公共の場での集会を制限する措置が取られていることに憂慮を表明する。

上級代表はロシア政府に対し、プーチン大統領が表明したとおり、欧州の諸機関とこの問題に取り組み、公共の場での集会に関する新たな法律が欧州の基準に沿うものであることを保障するよう求める。公の集会に関する法律は何よりもまず集会の自由を保障すべきであることを思い起こす。

この背景に鑑み、上級代表は特に、反政府集会の指導者らを脅し、本日の抗議集会への参加を阻止しようとする動きを憂慮している。平和的に集うことは基本権であり、同権利を制限しようとする強硬措置は逆効果を招くであろう。

上級代表はロシア政府および市民社会に対し、民主的基準と将来的改革の促進に向けた建設的な対話に取り組むよう促している」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/130847.pdf