ホームニュース・出版物ニュース2012> 単一市場のより良いガバナンスとサービス向上を通じ、さらなる成長を

単一市場のより良いガバナンスとサービス向上を通じ、さらなる成長を

EU News 246/2012

2012/06/08
IP/12/587
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

単一市場は、経済成長のための主要な原動力である。しかしながら、成長と雇用を実現するためには、既存のルールのより良い履行が不可欠である。そのため、欧州委員会は本日、単一市場規制が実践でより活用されるための一連の行動計画を採択した。

欧州委員会はまた、サービス分野の活動改善のための対策を提案している。これは、サービス指令が及ぶ範囲が欧州連合(EU)のGDPの45%以上にあたり、経済成長促進のために戦略的役割を果たさなければならないからである。加盟国におけるサービス指令の履行状況の評価に基づいた経済分析では、同指令の導入により今後5~10年間に、EUのGDPの0.8%に相当する追加成長を創出することができる。しかし、加盟国が同指令が及ぶサービス開放において、野心的レベルを引き上げれば、その数値は2.6%まで増加させることが可能である。さらに、EU法令の置換と実施を改善することにより、ビジネスにおける管理負担を3分の1軽減させて成長を促し、全体で400億ユーロ近くの削減につなげることができよう。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/587&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en