ホームニュース・出版物ニュース2012> EUと日本、エネルギー問題における協力関係強化に合意

EUと日本、エネルギー問題における協力関係強化に合意

EU News 241/2012

2012/06/07

欧州委員会のギュンター・エッティンガー・エネルギー担当委員と枝野幸男経済産業大臣は、本日開催された日・EU定期エネルギー対話において、相互関係全般における同分野の重要性を認識し、二者間のエネルギー協力を再活性化することに合意した。

双方は会合で、各々の長期的エネルギー課題・政策に関する見解について議論するとともに、エネルギー市場の開放、透明性、効率化と競争の必要性に関し、意見の一致を見た。

エッティンガー委員と枝野大臣はまた、EUおよび日本における原子力エネルギーの役割について議論し、全世界で最高レベルの原子力安全基準が尊重されることの重要性について強調した。エッティンガー委員は、日本が同分野における知見を、福島第一原子力発電所の事故に関する情報を含め、世界の原子力安全に貢献すべく国際社会と引き続き共有することへの期待を伝えた。

双方はまた、日・EU協力の強化が可能ないくつかの分野に関し合意した。合意内容には、国際的な原子力安全に関する法的枠組みの向上のためのより緊密な協力および協議に加え、太陽電池と蓄電池に関する協調的研究や二酸化炭素回収・貯留(CCS)に関する研究者相互派遣、また風力、海洋エネルギー、スマートグリッドといった、研究分野の活動の実施が含まれる。

会合の詳細な成果文書については(PDF)をご参照ください。

 

問い合わせ先:
小関真理 Tel: 03-5422-6034 Mari.Koseki@eeas.europa.eu 
末常美和子 Tel: 03-5422-6035 / Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu 
デジタルメディア担当 ビセンテ・J・ルナ 
Tel: 03-5422-6038 / Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu

Photo by T. Hanai, © EU, 2012-06-08