ホームニュース・出版物ニュース2012> EU、G20全域での保護主義の台頭に警鐘を鳴らす

EU、G20全域での保護主義の台頭に警鐘を鳴らす

EU News 236/2012

2012/06/06
IP/12/567
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)は本日発表された報告書において、過去8カ月で25%強の増加にあたる123もの新たな通商規制が導入され、全世界において保護主義が驚くべき速度で進行していることを確認した。これにより、現在適用されている貿易制限的措置の総数は534となった。欧州委員会は、9回目となる通商を制限しうる措置に関する報告書の中で、20カ国・地域(G20)諸国が貿易障壁の削減に失敗していると指摘している。G20は新たな貿易障壁の導入阻止および今般の経済危機の発生以降導入された保護主義的措置の是正に向け、さらなる行動が求められる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。

http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/567&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en