ホームニュース・出版物ニュース2017> タヤーニ欧州議会議長、英国EU離脱後の市民の権利の明確化の必要性を説く

タヤーニ欧州議会議長、英国EU離脱後の市民の権利の明確化の必要性を説く

EU News 79/2017

2017/04/20
欧州議会

<日本語仮抄訳>

欧州議会のアントニオ・タヤーニ議長は本日、ロンドンにて英国のテレーザ・メイ首相と会談し、同国の欧州連合(EU)離脱にともない、人々の権利を保護する取り決めの重要性を強調した。「欧州議会のメッセージは明快である。すなわち、市民の利益を強力に守ることがわれわれの最優先事項だ」と述べた。議長は、4月6日に採択された、英国のEU離脱に関する欧州議会の見解について意見を交わすためにロンドンを訪れた。また、メイ首相に欧州議会で演説するよう、招待した。

会談後の記者会見でタヤーニ議長は、学生や労働者や家族は社会の貴重な一員であり、自身の将来について何らかの確実性を受けるに値する、として英国に暮らすEU市民とEUに居住する英国国民の権利に関する合意の重要性を強調した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.europarl.europa.eu/news/en/news-room/20170420STO71817/tajani-in-london-%E2%80%9Cpeople-deserve-certainty-regarding-their-post-brexit-future%E2%80%9D

© European Union, 2017 URL