ホームニュース・出版物ニュース2017> EU、アフガニスタンとの連携と開発に関する協力協定調印へ

EU、アフガニスタンとの連携と開発に関する協力協定調印へ

EU News 26/2017

2017/02/13
欧州連合理事会

<日本語仮抄訳>

2017年2月13日、欧州連合(EU)理事会は、EUとアフガニスタンの間で、連携と開発に関する協力協定に調印することを決定した。来る2月17日(金)の18時40分にミュンヘンにて、アフガニスタンのアシュラフ・ガニー大統領臨席の下、フェデリカ・モゲリーニEU外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長とエクリル・アフマド・ハキミ同国財務相が署名する。

同協定は、EU・アフガニスタン関係にとっての新たな枠組みとなる。2016年10月4日~5日にブリュッセルで開催された、アフガニスタン復興支援国際会議における約束に立脚し、2014年から2024年までの「変革の10年」計画における、アフガニスタンの開発に対するEUのコミットメントを公式なものとする内容である。

当該協力協定においては、将来の連携の基礎となる原則と条件が反映され、人権問題、特に女性と児童の権利を包含する定期政治協議に重きが置かれている。また、法の支配、保健、農村開発、教育、科学技術に加え、汚職、資金浄化、テロ資金供与、組織犯罪、麻薬などへの対抗措置まで、協力の対象となる経済および政治分野を拡大し、相互に便益をもたらす関係の醸成を規定している。2016年10月初旬に移民・難民問題を合同で解決するために採択したEU・アフガニスタンJWF(ジョイント・ウェイ・フォーワード)文書に基づき、人の移動に関する協力も想定している。さらに、核の安全保障、不拡散、気候変動などの国際的課題への対応においても協力・協働することが可能になる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2017/02/13-afghanistan-cooperation-agreement/