ホームニュース・出版物ニュース2017> 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けたEU報道官の声明

北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けたEU報道官の声明

EU News 25/2017

2017/2/12
ブリュッセル

<日本語仮訳>

「本日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が弾道ミサイルを発射し、2016年11月に採択された決議第2321号を含む、数々の国連安全保障理事会決議に対する違反行為を再び行った。

北朝鮮が幾度となくその国際的義務を無視していることは、挑発的であり容認できない。同国は、弾道ミサイル技術を用いた全ての発射行為を停止し、国連安保理が求めるように、自身の弾道ミサイル計画を完全、検証可能かつ不可逆的な形で放棄しなければならない。

われわれは、北朝鮮に対し、さらに緊張を高めることを避け、特に6カ国協議など、国際社会との信頼できる、意味ある対話に再度関与するよう求める。

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、国際的な対応について、国際的パートナーの外相らと近日中に連絡を取る」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
https://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/20413/statement-spokesperson-launch-ballistic-missile-dprk_en