ホームニュース・出版物ニュース2017> バーレーンにおける死刑執行を受けたEU報道官の声明

バーレーンにおける死刑執行を受けたEU報道官の声明

EU News 5/2017

2017/1/15
ブリュッセル

<日本語仮訳>

「本日、バーレーンにおいて、警察官3人が死亡した、警察を標的とした爆弾攻撃に関して有罪判決を受けた3名に対し、死刑が執行されたことが確認された。

欧州連合(EU)は、いかなる状況下においても、死刑に強く反対していることを再確認する。今回の件は、バーレーンが過去7年間、死刑執行を停止していたこと、および有罪となった3名の公正な司法手続きを受ける権利が侵害された可能性があるとの懸念が表明されていたことから、深刻な後退である。

EUは、政治的手段としての暴力を否定しており、バーレーンの安定と発展を完全に支援しているが、これには持続可能で包摂的な国家的和解の手続きを通じてのみ、達成できると信じている」

『EU MAG』の関連記事
「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み 2014年9月号 特集

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
https://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/18588/statement-spokesperson-executions-carried-out-bahrain_en